Friday, 26 September 2008

Ukiyoe....



『月岡芳年』の『風俗三十二相』。



『何々そう』というテーマで江戸時代の女性の風俗が描かれています。これは『むまさう』(うまそう・美味そう)ですね。わりと有名な浮世絵ですね。


天麩羅が美味しそうです。このころは今のフライドチキンみたいに、ころもに味付けがされていたそうで付け汁なしで食べていたそうです。(by 杉浦日向子女史)



天麩羅はファーストフードのレベルの食べ物だったので、屋台か何かで月を見ながら食べているのでしょうね。ほんとに美味しそうです。
長い楊枝で食べたんだな。


他にも『かよさう』とか『のみたさう』とかいろいろあって楽しいです。こちらで見られます。
http://digitalmuseum.rekibun.or.jp/index.html
着物のことってよく判りませんが、描かれているものを見ると、色や模様がたくさんあって『きれいそう』。ブルーやグレーのに模様がはいった物などG・アルマーニの服に『ありそう』


いかにも江戸の浮世絵なんですが、製作されたのは明治にはいってからなんですね。一枚だけ洋服を着た『遊歩したさう』があります。なぜか洋服を着ただけで顔立ちも洋風っぽくなっているのが可笑しい。

関係ないけれど『店番』の人に『なぜ屋形船では天麩羅が出されるのか?』と突然問題を出されて、『船酔いしてもゲロしやすくする為』と答えて馬鹿にされました。
正解は『昔は、船頭さんが江戸前の魚を投網で取って振舞うのに調理が簡単だったから』だそう。伝統なんですね。

おっぱいが出ていると顰蹙を買うけれどももう一つのお気に入りの『めがさめさう』をあっぷしときま。