Wednesday, 26 May 2010

寝袋を探す・・・

『 hugできる寝袋』って。

子供のキャンプ用に『寝袋』を『楽天市場』で探していたら、この『人型スリーピングバッグ』がよく出てくる。

寝ている間に体が自由に動かない筒型のものだと、連続して何泊かすると疲れが取れないし、かなり疲れが溜まる。

自由に体が動かせる人型はかなり楽かも知れませんね。

あー、でもこれは一概にキャンプ用とは言えないんじゃないか?自宅で使用することも大いに有りうると思いますね。
とりあえず、敷き布団だけ敷いておけばこれだけで快適に寝れそうだし。起きた後も家の中なら大抵のことは寝袋着たまま(?)できてしまいそうだ。
いやいや、家の中ならずとも外にも行動範囲を広められる可能性もでてきた。これ上半身だけ見れば『ダウンジャケット』じゃないですか。で、あんまり見ないけれど『ダウンパンツ』ってえのもある。
これらがくっついていたら『ダウンつなぎ』ですよね?、寝具じゃないんですよー。みたいな拡大解釈がそこに発生する。
だからこれ着てお出かけしても良いんだ。便利だ。暖かい。
ちょっと大きめの靴を買えば、出かける準備は靴を履くだけ。歯も磨いてあるし、顔も洗ってある。失礼なことは何も無いぞ。
車も運転できる。昔『マクドナルド』のCMでパジャマ着たままドライブスルーに来ちゃうと言うのがあったけれど、これなら恥ずかしがることもない。なんなら車から降りて店内で召し上がったりもしちゃうよ。
かくしてひきこもっていた人もかなりアクティブになってメデタシメデタシ、ということにはならないか。




Sunday, 23 May 2010

海岸で肉を焼くと必ず砂が入るのだ・・・

ちょっと遅いけれど『ゴールデン・ウィーク』のお話。

毎年、旅行なぞに出かけられない我が家は、海に行って砂浜で『バーベキュー』をします。今年は子供のお友達の家族とワタクシの友人で行きました。

海沿いは休み中混雑すると見て、朝早く出かけお昼ごはんにバーベキューをして午後早く引き上げるというプランニング。

で、今年は朝ご飯も現場で作って優雅な『砂浜ブランチ』にしようと目論んだのでした。スクランブルドエッグとソーセージ、ブレッドはマフィンそしてコーヒー。

優雅なはずだった。はずだったのだけれど火力調節の出来ない炭火でマフィンを焼いたら、家のトースターで焼くの時と違い片(上)面は生でも反対側(炭火側)は真っ黒にこげてしまって失敗1。

まあ、なんとか朝ご飯を終えてコーヒーなんぞ飲んで海を眺めてボーっとしていたので、炭火のケアを放っておいたらお昼ごろまでに朝点火した炭が全て燃え尽きてしまった。失敗2。
さあ、メインのお肉を焼こうと新たな炭に火を着けようとしたら、着火剤が使い終わっていたことを発見。何とか火をつけようとしましたがなかなか頑固な炭には火が着きません。失敗3。


しょうがなく車で着火剤を探しに行ったら、行楽シーズンということで着火剤など普段はあまり置いていなそうな普通のスーパーに沢山あったのは幸運1か。
こうしてお肉にありつけた訳ですが、割と大人数で食べる時には1回に焼ける肉の量がさほど多くは無いので、次に焼けるまでには食べるものが無くなってしまい、次々と急いで焼かなくてはいけないので、焼く方も食べる方も何と無く落ち着かないス。

後で調べたところ、本場のアメリカでは肉を全部焼き上げてから全員で食べ始めるシステムなのだそうです。それだと肉が冷めてしまって美味しくなくなってしまうのでは?味も大事だけれど皆で楽しくやる方に重点をおいているのかな。
そうそう、アメリカ風(?)ってコテコテにバーベキュー・ソースをつけて焼くのですが、以前まねしてみたところ、焼き網にソースがコテコテにへばりついてしまって手入れがめんどい割りに味はそれほどでもないので今回も塩・コショウのみで素材の味を追及、といっても肉は『コストコ』ですけれどねー。

まあ、イロイロ欲張らずになるべく簡単にやるのが成功の秘訣か?という当たり前のような終わり方で良かったでしょうか?

Saturday, 15 May 2010

ペレ・マラドーナ・ジダン、三位一体・・・

『Holy Trinity』(聖なる三位一体)。

さすがL.V。ワールドカップ・イヤーなので、スーパースター『ペレ』『マラドーナ』『ジダン』三人集めてみました、っていう感じ。

日本だったら『夢の対決』(ちょっと昭和ですか)とか言って、国立競技場をすぐ借り切りそうですが、ヨーロッパのカフェとかに良くありそうなシンプルなサッカーゲームで遊ぶところを見せるなんてセンスの違いを感じさせられます。



ただゲームをして遊ぶだけの映像もカメラマンの『Annie Leibovitz』の圧倒的な描写力でクールな映画のような仕上がりです。カッコええ。


アニー・リーボビッツはあのジョン・レノンが裸でオノ・ヨーコに抱きついている写真を撮った人ですね。
ちょっと、マラドーナはおバカっぽいけれど。

ペレは『生きる伝説』間違い無し。ジダンはちょっと伝説にはかわいそうな気もする。
↓このリンクで動画が見れます。(日本語は対応してないみたいです)

Thursday, 6 May 2010

Via Ueno・・・

ちょっと怖い、『安藤美姫』


ゴールデン・ウィークに海外旅行に行くことを”夢想”していた。

カッコ良く言うと『アームチェア・トラベラー』というらしい。GWに限らずともそんなことはしょっちゅうやっていることですが・・・

ちょっと前だと、本屋さんでガイドブックなどを買ってきて、名所・旧跡・美味しい食べ物なんかを眺めて行った気になっていた、あれですね。今はインターネットがあるので『トラベル』にも不自由はしませんね。

・・・

海外のサイトで、日本をガイドしているのを眺めて(英語で読めない)いたら、成田から京成電鉄で上野に向かう、みたいなことが書かれていた。上野?成田エキスプレスで東京駅なんじゃないの? 横浜に住んでいると成田に行くときに、京成電鉄を利用することがないので、ゲートウェイが上野という感覚がありません。

客観的に見て、初めて見る日本の街が上野って本当は凄いことなのではないか?と思いました。いきなり日本の醍醐味、味わうか?って感じでしょう。

初めてニューヨークについて電車を下りたらブルックリン、くらいのインパクトはあるのでは。ニューヨークにもブルックリンにも行ったことはないケド、あくまでイメージとして。

東京観光に外国人旅行客が上野を拠点としているのかは分かりませんが、そう考えてみると上野ってマルチなスポットだ。アップタウンに行くにも、ダウンタウンに行くにも。

乗り換え駅の機能だけじゃなくて、北側には博物館、動物園などアカデミックな施設があって、南側にはアメ横などの日本のカオスを見ることが出来る。ちょっと足を伸ばせばMustな浅草がある。

これでスカイツリーが完成した暁にはもう完全ハブ化って感じですかね。