Friday, 15 May 2009

ニューヨークでお買い物の巻・・・

鼻歌は『アロハオエ』


昨日、仕事をしていると携帯着信。メインで使っているクレジットカード会社からでした。

『失礼ですが、今どちらにいらしゃいますかあ?』
『へ?・・・横浜市内ですけれど・・・』
『では、日本国内ですねえ?』
『あ、はい』
『アメリカではないですねえ?』
『はあ、・・・はい日本・・・』
『ニューヨークではないですねェ?あと本日、航空券とか買われましたかあ?』
『買ってないですう』
『今さっきですね、お客様(ワタクシのこと)のカードで、ニューヨークで航空券買った人がいるんですよ』
『エエー!!』

ついにきましたカード詐欺被害。どこからかワタクシのカード情報が漏れたか、盗まれたのか。
$2000ほどお買い上げだったらしい。今のレートで19万円位か。

それって請求がオレ(アセッて丁寧な言葉使いできず)にまわって来るのか?そりゃないぜベイビー。

『犯人が捕まれば、ご請求いたしません。つかまらなくてもこちら(カード会社)のほうで相殺の手続きをいたしますのでご心配ありません』とのこと。
いやー、ちょっと嫌な汗かいちゃいました。その後過去の使用履歴などを照らし合わせてそれ以前に被害がないか確認しました。今使っているカードの番号は止められてしまうので、ハサミで切って処理しろとのこと。何でこうなったか原因を知りたいものの、判りかねるとのこと。どうもインターネット経由での『海外のネットショッピング』は危険性が高いみたい。これから2ケ月位は『ネット』はお控えくださいとのこと。

実質的な被害はないものの、やっぱり気分のいいものではないですね。カードを使うときにサインをすれば本人かどうかわかりますが、ネットでは番号だけですものね。

でもさすがアメリカンエクスプレス。新しいカードが翌日手元に届きました。宣伝に偽りなし。